テニス

【全豪オープン2022/2回戦】自己最高順位を目指す!バエスvsチチパスの勝敗オッズ

全豪オープン2022の第2回戦で、世界ランク4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と世界ランク88位のセバスティアン・バエス(アルゼンチン)が対戦します。

全豪オープンに5年連続で出場するチチパスは、2019年・2021年のベスト4がこれまでのベスト成績。昨年の全仏オープンでは決勝でジョコビッチにフルセットで敗れるも、自己最高の準決勝となりました。

強敵ジョコビッチが不在の中で、どこまで自分の順位を上げることができるのでしょうか。試合展開に注目していきましょう。

以下、両選手のデータと試合オッズになります。

ステファノス・チチパスvsセバスティアン・バエスの詳細情報

名前ステファノス・チチパス
ギリシャ
年齢23
身長 / 体重193cm / 83kg (右手)
最新ランク4位
名前セバスティアン・バエス
アルゼンチン
年齢21
身長 / 体重170m / 70kg (右手)
最新ランク88位

全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード/1月17日〜1月30日)の男子シングルス2回戦は、世界ランク4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と世界ランク88位のセバスティアン・バエス(アルゼンチン)の一戦です。

チチパスは1回戦で世界ランク82位のイメル(スウェーデン)と対戦し、6-2, 6-4, 6-3のストレートで勝利。4年連続の初戦突破を果たしました。

対する、バエスは44位のラモス=ヴィノラス(スペイン)と対戦し、6-4, 4-6, 6-3, 1-6, 6-2のフルセットで勝利。格上相手に粘りのプレイで一勝を掴んでいます。

今回、この2人が戦うのは初めて。怪我から復活したチチパスが自身のプレイを見せつけるのか、バエスが下剋上するのか、どのようなゲームになるのでしょうか!?

ステファノス・チチパスとセバスティアン・バエスの統計データ

両選手の直近52週間(約1年間)のハードでの数値。 左がチチパス、右がバエスです。

試合勝率 (Matches Won)70.5% / 33.3%
セット勝率 (Sets Won)64.2% / 28.6%
ゲーム勝率 (Games Won)55.9% / 39.7%
サービスエース率 (Ace)9.9% / 4.7%
ダブルフォルト率 (Double Fault)3.0% / 1.4%
1stサーブ成功率 (1st Serve)62.2% / 71.5%
1stサーブ勝率 (1st Serve Won)76.5% / 60.1%
ブレイク阻止率 (Break Points Saved)60.7% / 62.5%
サービスゲーム勝率 (Service Games Won)87.3% / 70.0%
リターンエース (Ace Against)7.0% / 8.2%
1stサーブリターン勝率 (1st Srv. Return Won)30.8% / 32.6%
2ndサーブリターン勝率 (2nd Srv. Return Won)49.8% / 29.0%
ブレイク成功率 (Break Points Won)42.3% / 50.0%
リターンゲーム勝率 (Return Games Won)23.6% / 12.1%

ステファノス・チチパスvsセバスティアン・バエスの過去の対戦成績

今回が初対戦となります。

ステファノス・チチパスvsセバスティアン・バエスの勝敗予想オッズ

勝敗予想オッズステファノス・チチパス @1.08
セバスティアン・バエス @7.50
セット予想オッズステファノス・チチパス 3-0 @1.61
ステファノス・チチパス 3-1 @3.90
ステファノス・チチパス 2-3 @8.50
セバスティアン・バエス 3-0 @23.00
セバスティアン・バエス 3-1 @17.00
セバスティアン・バエス 3-2 @17.00

*オッズはウィリアムヒルの19日19:30時点。倍率は試合開始まで 変動することがあります。

-テニス

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ情報メディア