Bリーグ

東西頂上決戦に注目!琉球vs宇都宮の勝利予想とブックメーカーオッズ【Bリーグ5月28日】

2022年5月27日

Bリーグ2021-22チャンピオンシップもいよいよファイナルに突入。今シーズン最後のビッグマッチは、琉球と宇都宮による史上初の東西決戦となりました。

西地区初の決勝進出チームとなった琉球。レギュラーシーズンでは、勝率.875を記録し他所を寄せ付けない強さでCS首位通過を決めました。CSでは、無傷の4連勝で決勝の舞台まで勝ち上がっており、初となるCS制覇も現実味を帯びます。

一方、ワイルドカードからファイナルまで駒を進めた宇都宮。レギュラーシーズンでは、開幕につまづき苦しい戦いが続きました。しかし、CSでは千葉、川崎と優勝候補相手に4連勝し、最高の流れで最後の舞台へとたどり着いたといえるでしょう。

西地区初のチャンピオンが誕生するか、古豪が昨シーズン届かなかった頂点を手にするか、注目の第1戦となります!

以下、5月28日の琉球vs宇都宮の各試合の見どころやブックメーカーの勝敗予想オッズとなります。

琉球ゴールデンキングスvs宇都宮ブレックスの試合情報と勝敗予想オッズ

日時5月28日12:00時開始予定
会場東京体育館
オッズ琉球@1.68/宇都宮@2.16
勝利予想宇都宮

琉球ゴールデンキングスvs宇都宮ブレックスの試合の見どころ

Bリーグ西地区1位の琉球と東地区4位の宇都宮とのCSファイナル第1戦です。今シーズンの公式戦での対戦成績は、2勝0敗で琉球が勝利しています。

【琉球】初舞台のプレッシャーにどこまで我慢できるか

西地区初のCSファイナリストとなった琉球。CSでの平均失点数は67.8点と、レギュラーシーズンで発揮した強固な守備は健在で、今節もハードなディフェンスで自分たちのペースを掴みたいところです。対する宇都宮は、琉球同様に強固な守備がウリのチームです。CSでは平均70.8失点と琉球が上回りますが、千葉、川崎相手にこの数字を記録したことを考える必要があります。

ディフェンシブな展開が予想される今節では、タフなゲームが予想されます。プレッシャーがかかる中、琉球がどこまでミスなく我慢できるかが勝敗を分ける大きなポイントとなりそうです。

【宇都宮】2年連続ファイナリストのアドバンテージを活かせるか

2年連続でファイナル進出となる宇都宮。セミファイナルでは、川崎に天皇杯セミファイナルでの借りを返し、チーム状況は非常に良さそうです。レギュラーシーズンでは琉球に2連敗していますが、1点差、3点差といずれも僅差となっており、今節でも大接戦が予想されます。

大舞台へのキャリアでアドバンテージを持つ宇都宮としては、浮足立たずに自分たちのペースを掴みたいところです。そのためには、まず琉球の攻撃を抑えることが重要になります。序盤から琉球を苦しめゲームの主導権を握れるか注目したいです。

ブックメーカーオッズと注目選手

ブックメーカーオッズは琉球が1.68、宇都宮が2.16と琉球がややリードする結果となりました。

まず注目したいのは、琉球の今村佳太と宇都宮の比江島慎によるシューター対決。セミファイナル第2戦では、今村が12本中5本、比江島が10本中5本の3ポイントを沈めています。僅差が予想される今節では、1点の重さがのしかかるゲームとなりシューター対決を制したチームが一気に試合を有利にしそうです。

続いての注目は、ジャック・クーリーとジョシュ・スコットによるゴールした争い。クーリーは、レギュラーシーズンでリバウンド3位につけていますが、セミファイナルではわずか5リバウンドとなっており、明らかに本調子ではありません。大黒柱が調子を落とす中どのようなゲーム展開を見せるのか琉球のチーム力に期待したいです。

*オッズはスポーツベットアイオーの5月27日18:00時点のものを掲載しています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Bリーグ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ最新情報メディア