競馬

日本馬が優勝を目指す!ドバイワールドカップ2022の注目馬とブックメーカーオッズ

3月27日(日)はドバイワールドカップ2022(Dubai World Cup 2022)がメイダン競馬場にて、午前1時30分から行われます。(GⅠ・ダート2000㍍)

このレースでは、ペガサスワールドカップで連勝したライフイズグッド、ペンシルベニアダービーを制したホットロッドチャーリー、昨年のドバイワールドカップで2着の結果を残したチョウワウィザードなどに注目します!

ドバイワールドカップ2022のレース概要

メイダン競馬場で行われるドバイワールドカップは、アメリカのブリーダーズカップ・クラシックを超える賞金レースとして誕生した国際レースです。総額賞金は世界最高額の1着600万ドル。それに相応しい世界最強クラスのサラブレッドが参戦します。

ドバイワールドカップ2022の出走馬

アエロトレム(牡6)V.レアル
チュウワウィザード(牡7)川田将雅
カントリーグラマー(牡5)L.デットーリ
ホットロッドチャーリー(牡5)F.プラ
ハイポセティカル(牡4)M.バルザローナ
ライフイズグッド(牡5)I.オルティスJr.
マニークール(セ7)W.ビュイック
ミッドナイトバーボン(牡4)J.オルティス
リアルワールド(牡5)C.スミヨン
リモース(セ5)T.オシェア

ドバイワールドカップ2022の注目馬

では、今回のレースの注目馬をご紹介しましょう!

ライフイズグッド

デビュー後は3歳でサンフェリペSで3勝連勝していたライフイズグッド。その後は怪我で休養していましたが、復帰2戦目となったケルソーHを制すと、11月のブリーダーズカップやペガサスワールドカップで連勝しました。

復帰後はダート戦で結果を残し続けているため、本レースでも注目されています。

ホットロッドチャーリー

5月のケンタッキーダービーで3着、6月のベルモントSで2着とアメリカ三冠競走で好調のホットロッドチャーリー。その後のペンシルベニアダービーでは逃げ切ってG1初制覇を果たしました。

2021年11月に行われたブリーダーズカップ以降はG1で結果を残せていませんが、実力は十分。国際馬が集まる注目のレースで結果を残したいところです。

カントリーグラマー

2020年のピーターパンSで重賞初優勝したカントリーグラマー。その後はハリウッドゴールドCで2着馬と争い、G1初制覇を果たします。

今年に入ってから足の不安で一時レースを離れましたが、サウジカップでは堂々の2着でゴール。順調に回復しているようです。

チュウワウィザード

昨年のドバイワールドカップで2着の結果を残したチョウワウィザード。調整した木村調教師からは「ここまでトラブルなく順調に過ごせています。このままのいい状態で出走できるよう管理します。」と長距離の輸送でも問題はないよう。

ドバイワールドカップで最高位を記録したチュウワウィザードが、このレースの頂点にチャレンジします。

ドバイワールドカップ2022のブックメーカーオッズ

【競馬】ドバイワールドカップ2022

(3月26日11:32時点)

メイダン競馬場で行われるドバイワールドカップ2022は、世界各国から優秀馬が集まるレースです。過去10年(2020年は非開催)では、アメリカが4勝、UAEが5勝です。日本馬の優勝は2011年のヴィクトワールピサが最後で、直近10年は昨年のチュウワウィザードの2着が最高位となっています。

ウィリアムヒルのオッズでは、ペガサスワールドカップで連勝したライフイズグッド1.73倍、ペンシルベニアダービーを制したホットロッドチャーリー4.33倍、カントリーグラマー11.00倍です。

レースドバイワールドカップ2022(GⅠ)
会場メイダン競馬場
コースダート2000m
発走予定2022年3月27日(日)01:30
オッズライフイズグッド @1.73
ホットロッドチャーリー @4.33
カントリーグラマー @11.00
ミッドナイトバーボン @17.00
チュウワウィザード @21.00
リアルワールド @21.00
マニークール @26.00
ハイポセティカル @29.00
アエロトレム @41.00
リモース @67.00

 

ブックメーカーは、サッカー、野球、バスケットボール、競馬、そのほかあらゆるスポーツイベントを"賭けの対象"として扱い、参加者にベット(賭け)の機会を提供する事業者です。ブックメーカーのウェブサイト上には、試合ごとの「勝敗予想オッズ」や「スコアの予想オッズ」や、イベントの「優勝予想オッズ」などが並んています。参加者は、自分が好きなスポーツに実際にお金を賭けることができ、予想が当たるとオッズに基づいた賞金が得られます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-競馬

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ情報メディア