Jリーグ

【天皇杯2021決勝】浦和レッズvs大分トリニータのブックメーカーオッズと勝敗予想

12月19日(日)、ついに天皇杯決勝戦が国立競技場で開催される。対戦チームは浦和レッズと大分トリニータ。浦和は準決勝でセレッソ大阪を2対0で下し3年ぶり、大分はリーグ王者の川崎フロンターレにPK戦で競り勝ち初の決勝を迎える。

浦和レッズvs大分トリニータの試合情報

概要天皇杯決勝
試合浦和レッズvs大分トリニータ
会場国立競技場
日時12月19日(日)14:00

浦和レッズのチーム状況

天皇杯準決勝ではセレッソ大阪相手に完封勝利を収めた。これで2戦連続無失点で、守備では安定した試合運びが出来ている。これは守護神の西川周作をはじめ、海外経験も豊富な酒井宏樹らベテランの寄与するところが大きい。攻撃面ではキャスパー・ユンカーを中心に、2列目の関根貴大や江坂任が躍動した。途中交代で出場した小泉佳穂が追加点を奪い、リカルド・ロドリゲスの采配も見事的中。準決勝の出来をみると、3年ぶり8度目のタイトル獲得の可能性は十分か。

大分トリニータのチーム状況

対する大分はJリーグ王者にPK戦で競り勝ちジャイアントキリングを成し遂げた。試合前の会見で指揮官の片野坂知宏氏は『サポーターのために天皇杯を優勝して退任したい』と語り、その言葉に応える形でチームは奮闘。90分耐え、延長後半に小林に決められるも試合終了間際にエンリケのヘッドで追いついてPK戦に持ち込んだ。守護神の高木駿は何度も好セーブを連発し、PK戦では最後に山根来視のシュートを止めて初の決勝進出を決めた。2008年のナビスコカップ(ルヴァンカップ)制覇以来のタイトル獲得を目指し、決勝へ臨むモチベーションは浦和よりも高いと思われる。

浦和レッズvs大分トリニータの過去の対戦戦績

通算対戦成績(全31試合)
浦和レッズ 15勝
大分トリニータ  10勝
ドロー 6回

浦和レッズのホーム戦
浦和レッズ 11勝
大分トリニータ  3勝
ドロー 1回
(リーグ戦・カップ戦合計)

浦和レッズvs大分トリニータの勝敗予想オッズ

ブックメーカースポーツベットアイオー
勝敗予想オッズ浦和レッズ @1.69倍
ドロー @3.70倍
セレッソ大阪@5.00倍
(12月16日13:00時点)
ブックメーカー浦和レッズ

ブックメーカーの勝敗予想オッズを見てみよう。浦和レッズは1.69倍、ドローは3.70倍、大分トリニータは5.00倍で、見込みは浦和の方が圧倒的に高い。

浦和レッズ vs大分トリニータの戦術や展開考察

天皇杯準決勝では、浦和は4-5-1、大分は4-4-2の布陣を用いて戦った。浦和は両サイドにアタッカーを配置し、アグレッシブに攻める展開が続いた。特に右サイドの関根が攻撃の起点となり、セットプレーやクロスからゴールに迫るシーンが目立った。実際、今季のJ1リーグでもセットプレーから7ゴール、クロスから8ゴールと結果を残している。この試合もそのストロングポイントを活かした展開が予想される。

一方の大分は、浦和キラーこと町田の活躍に期待がかかる。今季の町田は8ゴール決めているが、うち3点は浦和から奪ったものだ。リーグ戦11節(4/25)の埼スタでの対戦は浦和が先制するも町田の2ゴールで一時逆転、終盤に槙野と田中の2点で浦和がひっくり返して2-3で決着した。7月の22節の対戦では、町田が早い時間に得点し、最後までその1点を守って勝利している。守備面では、高木に注目したい。大分は天皇杯決勝が初めてで浮き足立つ恐れもあるため、試合の序盤で乱れないか気になるところだ。川崎の猛攻を凌いだ守りをこの決勝でも最後まで維持できるか。

リーグ戦は浦和が6位、大分は18位で来季J2降格と対照的な結果だが、直接対戦だけを切り取ると1勝ずつのイーブンだ。昨シーズンは浦和がホームで勝利、2試合目はドロー、そして2シーズン前は大分がシーズンダブルを達成している。このように相性は悪くない。

この試合は浦和が積極的に攻め、大分が守ってカウンターで仕掛けるという展開が予想される。101回目の天皇杯で、タイトルを獲得するのは浦和か大分か。

ブックメーカーは、サッカー、野球、バスケットボール、競馬、そのほかあらゆるスポーツイベントを"賭けの対象"として扱い、参加者にベット(賭け)の機会を提供する事業者です。ブックメーカーのウェブサイト上には、試合ごとの「勝敗予想オッズ」や「スコアの予想オッズ」や、イベントの「優勝予想オッズ」などが並んています。参加者は、自分が好きなスポーツに実際にお金を賭けることができ、予想が当たるとオッズに基づいた賞金が得られます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Jリーグ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ情報メディア