競馬

重賞連覇を狙うアリストテレス!阪神大賞典2021のレース概要と注目馬【日本・GⅡ】

3月21日(日)は阪神大賞典特集2021が阪神競馬場にて、午後15時35分から開催されます。(GⅡ、3000㍍・芝、11R)

アメリカジョッキーCを制したアリストテレスや阪神大賞典の覇者ユーキャンスマイルなどに注目です!

阪神大賞典2021のレース概要

阪神競馬場で開催される阪神大賞典特集2021は、天皇賞に直結する重要なステップアップレース。長距離を得意とする名馬たちが集結します。

ここ最近の傾向では、前走有馬記念で5番人気以内に支持されていた馬が馬券に絡んでいます。3000mの長距離ということもあり、スタミナだけでなく集中力も必要なレースです。

阪神大賞典2021出走馬

タイセイモナーク(牡5歳)小崎綾也
タイセイトレイル(牡6歳)岩田康誠
シロニイ(牡7歳)松若風馬
メイショウテンゲン(牡5歳)酒井学
ナムラドノヴァン(牡6歳)内田博幸
ディープボンド(牡4歳)和田竜二
アドマイヤジャスタ(牝5歳)斎藤新
ショウリュウイクゾ(牡5歳)団野大成
アリストテレス(牡4歳)C.ルメール
ユーキャンスマイル(牡6歳)武豊
ツーエムアロンソ(牡5歳)松田大作
ダンスディライト(牡5歳)福永祐一
ゴースト(セ5歳)鮫島克駿

阪神大賞典2021の注目馬

では、今回のレースの注目馬をご紹介しましょう!

アリストテレス

アメリカジョッキーCを制したアリストテレスは、栗東CWで6F82秒9−38秒0−12秒2のタイムで軽快に走り切りました。音無調教師は「今週の動きが良かった。体もできている。出来に問題はない」と手応えを語りました。

デビューから体重を増やし、体勢は整えられている。菊花賞からの名コンビ・ルメールと共に重賞連覇を狙います。

ユーキャンスマイル

昨年の阪神大賞典の覇者ユーキャンスマイル。有馬記念、ジャパンCなどのG1の舞台では中々結果を出せていない様子。しかし、最終追い切りでは6F82秒4−12秒4と調子を上げてきている様子。

そして、今回跨がるのは先週の中山牝馬Sを制し、2週連続重賞Vを飾った武豊騎手。2年2ヶ月ぶりとなるコンビで復活を狙います。

ショウリュウイクゾ

日経新春杯を制したショウリュウイクゾは、栗東CWを駆け上がり4F51秒1−37秒5−12秒1の好タイムで自己ベストを記録。佐々木調教師も「いい動きをしていました。前走より調子がいい」と語ります。

格上に挑戦した前走で重賞初制覇を果たし、実力を見せつけました。今回の舞台は阪神芝3000m。初の長距離ですが、好調なだけに期待はできそうです!

ディープボンド

前走の中山金杯では14着のディープボンド。荒れた馬場でのレースに力を出し切ることができませんでした。前走後は休養し、いい状態で戻ってきています。

スタミナがあるので今回の3000mは相性のいいコース。春の天皇賞を目指しているだけに、ここでいい結果を残したいところです。

阪神大賞典2021にブックメーカーで賭ける

阪神競馬場で開催される阪神大賞典は、天皇賞に直結する重要なレースです。今回はアメリカジョッキーCを制したアリストテレスや昨年の阪神大賞典の覇者ユーキャンスマイルなどに期待します!

レース阪神大賞典2021(GⅡ)
会場阪神競馬場11R
コース芝3000m
日時2021年3月21日(日)15:35
オッズ

*阪神大賞典2021も競馬対応ブックメーカーにてベット対象となります。ただしG2レースのオッズはレース前に用意されるため、当日にサイト上で直接ご確認ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
おにき

おにき

野球、競馬、その他担当しています。野球ファン目線で試合の見どころ・注目選手を分かりやすくお伝えします!(自身はベイスターズファンです!)

-競馬

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ最新情報メディア