Jリーグ

【J1/2021/22節】柏レイソルvs鹿島アントラーズのブックメーカーオッズと勝敗予想

2021年7月8日

今節のJ1リーグでは16位の柏レイソルと7位の鹿島アントラーズが三協フロンティア柏スタジアムで激突する。今夏の柏は、江坂任が浦和レッズへ、呉屋大翔が大分トリニータへ移籍するなど主力組の放出が目立っている。この両選手の穴をどう埋めていくのか、監督の采配にも注目が集まる。

柏レイソルvs鹿島アントラーズの試合情報

概要明治安田生命J1リーグ第22節
試合柏レイソルvs鹿島アントラーズ
会場三協フロンティア柏スタジアム
日時7月11日(日)19:00

柏レイソルのチーム状況

ホームで迎える柏は今季21試合で5勝2分14敗の16位。自動降格圏ギリギリの状況が続いている。ここまでのリーグ戦を振り返ってみると、5月1日の12節の仙台戦から6月23日の19節の浦和戦まで8試合未勝利が続いた。20節の湘南戦に4対2で勝ち復調かと思われたが、前節は横浜に1対2で競り負けた。さらに、7月7日の天皇杯3次ラウンドの京都サンガ戦も1対2で落として2連敗している。

今節は助人外国人選手のペドロ・ハウルに注目だ。ハウルは192cmの長身FWで、20節の湘南戦で江坂の穴を埋めて2ゴール1アシストの活躍をみせた。点取屋であった呉屋大翔が大分トリニータへ移籍したことによってフォワード不足が否めない。ハウルには、その穴を埋めて柏の救世主として期待がかかる。

鹿島アントラーズのチーム状況

一方の鹿島は今季20試合で9勝5分6敗の7位。リーグ戦は17節の川崎に1対2と敗戦。18節は仙台に1対1で引分けた。続く19節の大分にも0対0で引分け、前節の札幌には4対0の快勝で終えている。リーグ戦の合間に行われたルヴァンカップのプレーオフでは、清水に2勝。天皇杯の2次ラウンドではY.S.C.Cに8対1で快勝して、続く第3ラウンドでは栃木相手に3対0と勝っている。リーグ戦だけをみれば好不調の波があるが、カップ戦を含めると7試合負けていない。

今節の注目選手はエヴェラウド・ストゥンだ。エヴェラウドは直近のリーグ戦(17節から20節)、カップ戦を含めると合計6ゴール決めている。調子を上げているエヴェラウドが不調の柏からゴールを狙う。

柏レイソルvs鹿島アントラーズの過去の対戦戦績

通算対戦成績(全58試合)
柏レイソル 18勝
鹿島アントラーズ 31勝
ドロー 9回

柏レイソルのホーム戦
柏レイソル 11勝
鹿島アントラーズ 14勝
ドロー 5回

(Jリーグ・ルヴァンカップ合計)

ブックメーカーの柏レイソルvs鹿島アントラーズの勝敗予想オッズ

ブックメーカースポーツベットアイオー
勝敗予想オッズ柏レイソル@3.90倍
ドロー @3.50倍
鹿島アントラーズ@1.94倍
予想ドロー

ブックメーカーのオッズを見ると、ホームの柏レイソルが3.90倍、ドローが3.5倍、アウェイの鹿島アントラーズが1.94倍で、鹿島に評価が偏っている。これは、直近のパフォーマンスを織り込んだものと思われる。

柏は江坂や呉屋らが移籍してチームの再構築が求められる難しい時期だが、一方で鹿島は五輪へ向けたU24の事前合宿のため守備の要である町田浩樹が不在だ。前線の上田綺世も同じくチームを離れている。

攻撃面におけるデータでは鹿島が柏を圧倒している。一方、鹿島はセットプレーからの失点が今季総失点の半分以上を占めている。柏は、ペドロ・ハウルにボールを集めることでチャンスがあるかもしれない。

オッズはスポーツベットアイオーの7月8日14:00時点に抜粋

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Jリーグ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ最新情報メディア