Jリーグ

【J1/2021/25節】柏レイソルvsサガン鳥栖のブックメーカーオッズと展開考察

2021年8月20日

今節の注目カードには、柏レイソルとサガン鳥栖をピックアップした。柏は新型コロナ陽性者に揺れ、鳥栖は主力の林大地が去った。両者が21日に三協フロンテア柏スタジアムで対峙する。

柏レイソルvsサガン鳥栖の試合情報

概要明治安田生命J1リーグ第25節
試合柏レイソルvs横浜Fマリノスサガン鳥栖
会場三協フロンティア柏スタジアム
日時8月21日(土)19:00

柏レイソルのチーム状況

ホームの柏は今季24試合で7勝3分14敗の15位につけている。直近の試合を振り返ると、中断明けは1勝1分(神戸に2対1/川崎に0対0)で負けていない。江坂任が浦和レッズに移籍し戦力ダウンが懸念されたが、守護神のキムスンギュを中心に守りを固めて凌いだ。

今節は上位のサガン鳥栖との対戦とあって、一層の集中が求められるだろう。今季は敵地で鳥栖に0対2で敗戦している。その際の2得点はすでに海外へ移籍した林が決めた。鳥栖は18日に天皇杯の試合を終えたばかりということで、体力面では柏にアドバンテージがありそうだ。しかし、柏は8月17日にトップチームから新型コロナ陽性者が出ており(選手名は明かされていない)、決して万全とは言い難い。

今節の注目選手は前節の川崎戦で好セーブ連発したキムスンギュだ。18本のシュート(枠内シュートは7本)を打ちこまれたが、無失点に抑えた。攻撃陣ではブラジル出身のペドロ・ハウルに期待したい。192㎝の長身であるハウルは、空中戦やポストプレイなどで攻撃の中心としてチームに貢献している。

サガン鳥栖のチーム状況

一方の鳥栖は、今季24試合で11勝8分5敗の4位。中断後のリーグ戦績は1勝1敗(FC東京に1対0で勝利/浦和に1対2で敗戦)で、8月18日の天皇杯4次ラウンドでは、セレッソ大阪に0対1で敗れて準々決勝進出を逃した。

やはり林大地の存在は大きかったのか、得点力不足は否めない。中2日という過密日程での試合となるため、疲労も懸念される。

今節の注目選手はエースの山下啓大だろう。セレッソ大阪戦ではベンチ外だったため、リーグ戦に照準を絞っていたと考えられる。山下は今季9ゴール挙げており、チーム最多得点者でもあるストライカーだ。

柏レイソルvsサガン鳥栖の過去の対戦戦績

通算対戦成績(全26試合)
柏レイソル 7勝
サガン鳥栖 10勝
ドロー 9回

柏レイソルのホーム戦
柏レイソル 4勝
サガン鳥栖 5勝
ドロー 3回

(リーグ戦・カップ戦合計)

ブックメーカーの柏レイソルvsサガン鳥栖の勝敗予想オッズ

ブックメーカースポーツベットアイオー
勝敗予想オッズ柏レイソル@2.40倍
ドロー @3.25倍
サガン鳥栖@2.98倍
予想ドロー

ブックメーカーのオッズをみると、ホームの柏レイソルが2.4倍、ドローが3.25倍、アウェイのサガン鳥栖が2.98倍で、やや柏寄りの評価となっている。

鳥栖は柏相手に直近4連勝している。ルヴァンカップや天皇杯を含め、2018年以降7試合は柏に負けていない。

柏はフロンターレの攻撃を凌いだことで守備に自信をつけているだろう。一方の鳥栖も守備は硬く、今季はフロンターレに次いで失点が少ない。攻撃面のデータでは、1試合あたりの攻撃回数は柏の方が多い。ロングカウンターを主体に相手ゴールに迫る。チームの状態を総合的に考慮すると、この試合は守備意識の高いロースコアゲームになるのではないだろうか。

オッズはスポーツベットアイオーの8月19日9:30時点

ブックメーカーは、サッカー、野球、バスケットボール、競馬、そのほかあらゆるスポーツイベントを"賭けの対象"として扱い、参加者にベット(賭け)の機会を提供する事業者です。ブックメーカーのウェブサイト上には、試合ごとの「勝敗予想オッズ」や「スコアの予想オッズ」や、イベントの「優勝予想オッズ」などが並んています。参加者は、自分が好きなスポーツに実際にお金を賭けることができ、予想が当たるとオッズに基づいた賞金が得られます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Jリーグ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ情報メディア