Jリーグ

【J1/2022/2節】柏レイソルvs横浜Fマリノスのブックメーカーオッズと展開考察

2022年2月26日

2022年J1第2節は、開幕戦で勝利を収めた柏レイソルと、昨季王者の川崎フロンターレを4対2で粉砕した横浜Fマリノスの試合にも注目したい。柏は強敵横浜にホーム戦4年ぶりの勝利を目指す。

柏レイソルvs横浜Fマリノスの試合情報

概要J1リーグ2022第二節
試合柏レイソルvs横浜Fマリノス
会場三協フロンテア柏スタジアム
日時2月27日(月)15:00 (日本時間)

柏レイソルのチーム状況

柏は開幕戦で湘南ベルマーレに2対0で完封勝利を収めた。前半のうちに相手がレッドカードで1人少なくなったことで有利となり、68分に中村慶太が積極的な仕掛けから倒されてPKを獲得。それをマテウス・サヴィオが冷静に決めて開幕ゴールを挙げた。2点目はペナルティーエリア付近でのシュートのこぼれ球を最後は途中出場の小屋松知哉が押し込み引き離した。23日のルヴァンカップの京都サンガ戦は、早い時間に先制ゴールを決められるも、46分にユースからの生え抜きで今季トップチームに昇格した真家英嵩が同点弾を決めて引き分けた。

横浜Fマリノスのチーム状況

一方の横浜は、AFCチャンピオンズリーグの日程の関係で第9節が23日に前倒しで行われた。昨季王者の川崎フロンターレと対戦し、4対2で圧巻の逆転勝利を収めた。開幕節はセレッソと2-2のドロー、現在1勝1分でリーグ暫定トップにつけている。今季の横浜は、中盤の扇原貴宏や天野純、前線の前田大然やオナイウ阿道など昨シーズン主力だった面々が抜けて不安視されていたが、その疑問を払拭するように中川輝人やエウベルらが躍動している。ベンチには新加入したアンデルソン・ロペスも控えており、攻撃面は充実している印象だ。

柏レイソルvs横浜Fマリノスの直近5試合の対戦戦績

柏レイソル 1勝
横浜Fマリノス 2勝
2分

ブックメーカーの柏レイソルvs横浜Fマリノスの勝敗予想オッズ

ブックメーカースポーツベットアイオー
勝敗予想オッズ柏レイソル@4.50倍
ドロー@3.60倍
横浜Fマリノス@1.81倍
(2月25日9:00時点)
予想柏レイソル

ブックメーカーの勝敗予想オッズは、ホームの柏レイソルが4.50倍、ドローは3.60倍、アウェイの横浜Fマリノスは1.81倍となっており、横浜の評価が高い。

柏レイソルvs横浜Fマリノスの展開考察

柏のフォーメーションは3-1-4-2の布陣で、中盤に5枚おくことでコンパクトに展開、ボール奪取率を高める策略をとっている。攻撃面では、前節はサイドを上手く使って仕掛ける機会が目立った。今節も同様のパターンが予想される。開幕ゴールのきっかけを作った中村の仕掛けは効果的で、中村は湘南戦ではチームで最もドリブルしている。横浜戦でも中村の仕掛けは期待できそうだ。追加点を奪った小屋松や、ルヴァンカップで同点弾を挙げた真家にも注目だ。

一方の横浜は4-2-3-1を採用しており、両ウイングの中川とエウベルが攻撃の要となる。セレッソに2点、フロンターレから4点獲った前線の強度は十分だ。しかし反対に2試合で4失点しており、守備面の改善も求められるだろう。

今節は柏の中盤が横浜の両翼を止められるかどうかが見どころとなりそうだ。

ブックメーカーは、サッカー、野球、バスケットボール、競馬、そのほかあらゆるスポーツイベントを"賭けの対象"として扱い、参加者にベット(賭け)の機会を提供する事業者です。ブックメーカーのウェブサイト上には、試合ごとの「勝敗予想オッズ」や「スコアの予想オッズ」や、イベントの「優勝予想オッズ」などが並んています。参加者は、自分が好きなスポーツに実際にお金を賭けることができ、予想が当たるとオッズに基づいた賞金が得られます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Jリーグ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ情報メディア