Jリーグ

【J2/2021/17節】ブラウブリッツ秋田vsFC琉球のブックメーカーオッズとデータ

代表ウィークでJ1がオフのなか、J2第17節は12位のブラウブリッツ秋田と3位のFC琉球に注目したい。順位は対象的だが、共に直近のパフォーマンスはすぐれない。挽回するのはどちらのチームか。

ブラウブリッツ秋田vs FC琉球の試合情報

概要明治安田生命J2リーグ第17節
試合ブラウリッツ秋田vsFC琉球
会場ソユースタジアム
日時6月5日(土)15:00

ブラウブリッツ秋田のチーム状況

ホームで迎える秋田は、今季16試合中5勝5分6敗の12位。直近のリーグ戦の結果は2分2敗で4試合勝てていない。加えて、その間に行われた天皇杯の北海道十勝スカイアース戦も1-1で最終的にPKで敗れた。前節の東京戦は、先制点をとったにも関わらず後から3失点を喫して逆転負けしている。リードしている状況ながら、守備意識が強くなりすぎて攻めに転じることができず、結果的に押し込まれたという印象を受ける。

今節は沖野将基に注目したい。沖野は今季右サイドハーフで15試合に出場しており、ここまで2アシストしている。秋田の攻撃は特に右サイドの沖田から始まることが多い。また、輪笠祐士にも期待だ。輪笠は今季はインサイドハーフまたは左サイドバックで出場する機会が多く、現時点で2ゴールあげている。守備でも粘り強く、何度もボールを奪っては攻撃のスイッチとなる。彼の動きは攻守で見どころとなりそうだ。

FC琉球のチーム状況

対する琉球は今季16試合中10勝3分3敗の3位。直近の戦績を振り返ると、15節の山形戦は0対2で完敗。16節は1対2で競り負けて今季初の2連敗を喫した。開幕戦から8節まで無敗記録を更新しただけに、今節はなんとか勝って連敗を止めたいところだ。

今節の注目選手は池田康と風間八宏だ。池田は琉球のエースであり、今季6ゴール挙げている。一方の風間は今季6アシスト。右サイドハーフに位置し、攻撃の起点を作る。この両選手はここまで全試合に出場しており、2人のコンビネーションが琉球を3位に導いてきた。

ブラウブリッツ秋田 vs FC琉球の過去の対戦戦績

通算対戦成績(全12試合)
ブラウブリッツ秋田 2勝
FC琉球 7勝
ドロー 3回

ブラウブリッツ秋田のホーム戦
ブラウリッツ秋田 1勝
FC琉球 3勝
ドロー 1回

ブックメーカーのブラウブリッツ秋田vsFC琉球の勝敗予想オッズ

ブックメーカースポーツベットアイオー
勝敗予想オッズブラウブリッツ秋田@2.68倍
ドロー @3.05倍
FC琉球@2.56倍
予想ドロー

ブックメーカーの勝敗予想オッズはブラウブリッツ秋田が2.68倍、ドローが3.05倍、FC琉球が2.56倍でほとんど拮抗している。

今回の対戦は、互いがJ2に上がって初となる。最後に対戦したのは3年前のJ3の試合。この時は、アウェイの琉球が、和田の試合終了間際のゴールで1-0で勝利した。

勝敗予想オッズはスポーツベットアイオーの6月2日8:00時点のものを抜粋しています

ブックメーカーは、サッカー、野球、バスケットボール、競馬、そのほかあらゆるスポーツイベントを"賭けの対象"として扱い、参加者にベット(賭け)の機会を提供する事業者です。ブックメーカーのウェブサイト上には、試合ごとの「勝敗予想オッズ」や「スコアの予想オッズ」や、イベントの「優勝予想オッズ」などが並んています。参加者は、自分が好きなスポーツに実際にお金を賭けることができ、予想が当たるとオッズに基づいた賞金が得られます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Jリーグ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ情報メディア