Jリーグ

【J2/2021/33節】ジュビロ磐田vsギラヴァンツ北九州のブックメーカーオッズと展開考察

J2第33節からは、9戦無敗で1位を走るジュビロ磐田、3戦未勝利で20位降格圏のギラヴァンツ北九州の試合にも注目したい。

ジュビロ磐田vsギラヴァンツ北九州の試合情報

概要明治安田生命J2リーグ第33節
試合ジュビロ磐田vsギラヴァンツ北九州
会場ヤマハスタジアム
日時10月9日(土)15:00

ジュビロ磐田のチーム状況

ホームの磐田は今季32試合終えて21勝6分5敗の1位。直近の試合を振り返ると、9月25日の31節FC琉球戦に2対0で勝利し、続く前節はFC町田ゼルビアに2対1で競り勝って2連勝をおさめた。これで、8月9日の甲府戦の引き分けからリーグ戦9試合、天皇杯を含めて10試合負けなしの好調を維持している。

磐田の主なスコアラーは、今季19点でJ2得点ランキング1位のルキアン・アラウージョ、2試合連続ゴール中のL.A.デ.アルメイダ、今季7点ゴール挙げている山田大記ら3名。また、直近の琉球戦で今季4ゴール目を決めた鈴木雄斗は、前回の北九州戦で2ゴール決めて勝利に貢献しているため、この試合でも活躍が期待される。一方、今節は吉永真優、森岡陸らが欠場見込みだ。

ギラヴァンツ北九州のチーム状況

対する北九州は今季32試合で6勝12分14敗、勝ち点30の20位。直近の試合はブラウブリッツ秋田に1対1の引き分け、松本山雅FCに1対2で惜敗、前節はザスパクサツ群馬に2対2で引き分けた。これで直近3試合勝利から遠ざかっている。21位の相模原、22位の愛媛が29ポイント、上は14位の大宮が33ポイントで、下位争いは大混戦の状態。まだまだ残留の可能性は十分に残されている。1位のジュビロ相手で厳しい展開が予想されるが、なんとか勝ち点1位以上を奪いたい。

注目は、チーム最多ゴールを挙げている高橋大悟。他には、富山貴光や佐藤亮らもチームの得点源だ。一方、本村武揚、加藤有輝、井澤春輝、椿直起、六平光成の5選手が欠場の見込みとなっている。

ジュビロ磐田vsギラヴァンツ北九州の過去の対戦戦績

通算対戦成績(全7試合)
ジュビロ磐田 5勝
ギラヴァンツ北九州  2勝
ドロー 0回

ジュビロ磐田のホーム戦
ジュビロ磐田 3勝
ギラヴァンツ北九州  0勝
ドロー 0回

(リーグ戦・カップ戦合計)

ブックメーカーのジュビロ磐田vsギラヴァンツ北九州の勝敗予想オッズ

ブックメーカースポーツベットアイオー
勝敗予想オッズジュビロ磐田@1.34倍
ドロー @4.70倍
ギラヴァンツ北九州@7.80倍
(10月7日14:00時点)
予想ジュビロ磐田

ブックメーカーの勝敗予想オッズでは、ホームのジュビロ磐田が1.34倍、ドローは4.70倍、アウェイのギラヴァンツ北九州が7.80倍で、圧倒的に磐田の評価が高い。

ジュビロ磐田vsギラヴァンツ北九州の戦術や展開考察

今季の磐田は3-4-2-1の布陣でこれまで20勝している。得点率も高く、これまで通算56ゴール挙げている。磐田の攻撃はサイドを起点とし、特に左サイドの松本昌也を中心に攻め上がる。実際、松本は今季6アシストの結果を残している。チームをコントロールするのは元日本代表の遠藤保仁だ。遠藤は今季24試合に出場して、3ゴール4アシストしている。前節は遠藤のパスからルキアンが決めており、今節も二人のホットラインから目を離せない。

一方の北九州は今季は4-4-2を採用しているが、思うような結果が出ていない。総得点21に対して失点は32。失点はセットプレーが15失点、クロスから13失点と、サイドからの攻撃に弱さが見られる。今節は磐田の左サイドの松本をいかに封じるか、右サイドハーフの高橋や右サイドバックの生駒、野口らの働きは見どころとなりそうだ。

ブックメーカーは、サッカー、野球、バスケットボール、競馬、そのほかあらゆるスポーツイベントを"賭けの対象"として扱い、参加者にベット(賭け)の機会を提供する事業者です。ブックメーカーのウェブサイト上には、試合ごとの「勝敗予想オッズ」や「スコアの予想オッズ」や、イベントの「優勝予想オッズ」などが並んています。参加者は、自分が好きなスポーツに実際にお金を賭けることができ、予想が当たるとオッズに基づいた賞金が得られます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Jリーグ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ情報メディア