競馬

波乱の予感!京王杯スプリングカップ2021のレース概要・注目馬とオッズ情報

5月15日(土)は京王杯スプリングカップ2021(keiohai-springcup2021)が東京競馬場にて、午後15時45分から行われます。(GⅡ・芝1400㍍・11R)

このレースでは、NHKマイルカップを制したラウダシオンやアーリントンカップを制したタイセイビジョン、阪急杯で2着のミッキーブリランテなどに注目します!

京王杯スプリングカップ2021のレース概要

東京競馬場で開催される京王スプリングカップ2021は、安田記念の前哨戦ともなる一戦です。優勝馬には優先出場権が贈られます。

京王杯スプリングカップは、2021年に179万馬券が出現するなど波乱の多いレース。前走のレース別では、チャレンジトロフィー、マイラーズカップ、東京新聞杯で好走した馬が結果を残しています。1番〜3番人気の他に大穴も視野に入れてチェックしたいところです。

京王杯スプリングカップ2021の出走馬

エアアルマス(牡6歳)松山弘平
ビッククインバイオ(牝4歳)大野拓弥
グルーヴィット(牡5歳)石橋脩
エーポス(牝4歳)岩田康誠
カイザーミノル(牡5歳)荻野極
シャインガーネット(牝4歳)田辺裕信
セイウンコウセイ(牡8歳)内田博幸
ショウナンライズ(牡8歳)丸山元気
ビオグラフィー(牝4歳)三浦皇成
ラウダシオン(牡4歳)M.デムーロ
ミッキーブリランテ(牡5歳)和田竜二
トゥラヴェスーラ(牡6歳)鮫島克駿
エングレーバー(牡5歳)浜中俊
タイセイビジョン(牡4歳)C.ルメール
イッツクール(牡5歳)北村宏司
シーズンズギフト(牝4歳)杉原誠人
カタナ(牡6歳)小野寺祐

京王杯スプリングカップ2021の注目馬

では、今回のレースの注目馬をご紹介しましょう!

ラウダシオン

NHKマイルカップを制したラウダシオン。前走の高松宮記念では好走を見せるも、直線でバランスを崩し14着。騎乗したデムーロ騎手も「脚を取られてしまった。かわいそうな競馬になった」と振り返ります。

結果は14着となってしまったものの、G1馬相手に力負けせず実力は十分。体重も510キロまで増やし順調な仕上がりを見せています。G1レースを制した東京競馬場でリベンジを誓います。

タイセイビジョン

アーリントンカップを制したタイセイビジョン。これまで京王杯2歳SとアーリントンCで重賞勝を挙げ、朝日杯フューチュリティSでは2着。

今回のレースは4ヶ月ぶりとなりますが、本レースを目標にしていただけに休み明けでも心配はなさそうです。2歳コースレコードを記録した東京1400コースで本領発揮したいところです。

ミッキーブリランテ

阪急杯で2着のミッキーブリランテ。昨年は3戦続けて二桁の順位と苦戦していましたが、今年はニューイヤーSで5勝目をマーク。阪神杯ではコースレコードを記録し2着の好走を見せました。

前回のレースはスタートで出遅れ10着となりましたが、走りは悪くない様子。復調し始めている今、本レースで本来の走りを見せつけます。

グルーヴィット

昨年の京王杯で3着のグルーヴィット。昨年の東海Sでは初のダート重賞を制覇。また、2019年の天神橋特別では2着のサウンドキアラに2馬身つけて快勝しています。

今回はダートに路線変更後、約2年ぶりの芝レース。久しぶりの舞台でパワーアップした走りを見せつけます。

京王杯スプリングカップ2021にブックメーカーで賭ける

東京競馬場で行われる京王杯スプリングカップ2021は、安田記念の前哨戦とされているレース。チャレンジトロフィー、マイラーズカップ、東京新聞杯で結果を残した馬に注目です。

NHKマイルカップを制したラウダシオンやアーリントンカップを制したタイセイビジョン、阪急杯で2着のミッキーブリランテなどに期待です。

京王杯スプリングカップ2021は競馬対象のブックメーカーで当日にオッズが出ます。

レース京王杯スプリングカップ2021(GⅡ)
会場東京競馬場(第11R)
コース芝1400
発走予定2021年5月15日(土)15:45
オッズ

*京王杯スプリングカップ2021も競馬対応ブックメーカーにてベット対象となります。ただしGⅡレースのオッズはレース前に用意されるため、当日にサイト上で直接ご確認ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
おにき

おにき

野球、競馬、その他担当しています。野球ファン目線で試合の見どころ・注目選手を分かりやすくお伝えします!(自身はベイスターズファンです!)

-競馬

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ最新情報メディア