バスケ

注目のエース対決!バックスvs76ersの勝利予想とブックメーカーオッズ【2月18日3戦】

2月18日のNBAは、バックスと76ersの1戦に注目。

現在3位のバックスと5位の76ers。両チームのゲーム差は1となっており、今節の結果次第では順位が逆転する可能性も十分にあります。

バックスにはヤニス・アデトクンボ、76ersにはジョエル・エンビードとNBAを代表するプレイヤーが揃っています。どちらの選手が、チームを勝利へと導くのかエース対決に注目の1戦となりそうです。

以下、バックスvs76ers、ホーネッツvsヒート、ネッツvsウィザーズの各試合の見どころやブックメーカーの勝敗予想オッズとなります。

ミルウォーキー・バックスvsフィラデルフィア・セブンティシクサーズの試合情報と勝敗予想オッズ

日時2月18日10:30時開始予定
会場ファイサーブ・フォーラム
オッズバックス@1.34/76ers@3.40
勝利予想バックス

ミルウォーキー・バックスvsフィラデルフィア・セブンティシクサーズの試合の見どころ

イースタン・カンファレンス3位のバックスと5位の76ersとの今季第2戦です。第1戦は、118-109でバックスが勝利しています。

エンビード欠場で行われた前回の直接対決。結果はアデトクンボが31得点16リバウンドと爆発し、バックスに軍配が上がりました。76ersとしては、エース対決を制し前回のリベンジを果たしたいところです。

ブックメーカーオッズと試合の展望

ブックメーカーオッズは、バックスが1.34、76ersが3.40とホームのバックスが圧倒しています。

バックスのアデトクンボは、前節50得点14リバウンドを記録し今シーズン初となる50点代を記録します。一方のエンビードは、2月7試合でダブル・ダブルを5回、トリプル・ダブルを1回達成。どちらも調子は絶好調といえ、エース対決を制したチームが白星を手にすることとなりそうです。

シャーロット・ホーネッツvsマイアミ・ヒートの試合情報と勝敗予想オッズ

日時2月18日09:00時開始予定
会場スペクトラム・センター
オッズホーネッツ@2.70/ヒート@1.49
勝利予想ヒート

シャーロット・ホーネッツvsマイアミ・ヒートの試合の見どころ

イースタン・カンファレンス9位のホーネッツと2位のヒートとの今季第3戦です。ここまでの対戦成績は、2勝0敗でヒートが勝ち越しています。

平均113.9点と全チーム1位の得点数を誇るホーネッツ。打ち負ける試合が目立ちますが、2月12日のピストンズ戦では141点を記録しています。NBA屈指の爆発力を誇り、ヒートとしては自分たちのペースでゲームを展開していきたいところです。

ブックメーカーオッズと試合の展望

ブックメーカーオッズは、ホーネッツが2.70、ヒートが1.49とアウェイのヒートが有利にしています。

首位陥落となったヒート。前節でマーベリックスに敗れたものの、強力マブス攻撃陣を107点に抑えることに成功しており、強度の高い守備を維持しています。今節でも、自慢の守備で試合をコントロールし、序盤からゲームをコントロールしていきたいところです。

ブルックリン・ネッツvsワシントン・ウィザーズの試合情報と勝敗予想オッズ

日時2月18日09:30時開始予定
会場バークレイズ・センター
オッズネッツ@1.54/ウィザーズ@2.55
勝利予想ネッツ

ブルックリン・ネッツvsワシントン・ウィザーズの試合の見どころ

イースタン・カンファレンス8位のネッツと11位のウィザーズとの今季第4戦です。ここまでの対戦成績は、2勝1敗でネッツが勝ち越しています。

エースであるブラッドリー・ビールを欠き、厳しい戦いが続くウィザーズ。14日には八村塁が負傷しており、ベストメンバーが揃わない我慢の時間が続きます。ここ2試合で勢いを取り戻すネッツ相手に現状の戦力でどのような戦いを見せるのか、首脳陣の采配に注目したいです。

ブックメーカーオッズと試合の展望

ブックメーカーオッズは、ネッツが1.54、ウィザーズが2.55とネッツが有利な結果となっています。

ジェームズ・ハーデン放出と、大きな決断をしたネッツ。見返りとして獲得したセス・カリーは、ネッツデビューから2試合で43得点と結果を残します。今節でも外からの得点源として躍動し、ネッツ再浮上のキーマンとなれるのか注目したいです。

*オッズはスポーツベットアイオーの2月17日22:00時点のものを掲載しています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-バスケ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ最新情報メディア