バスケ

遂に東ファイナル!バックスvsホークスのブックメーカーオッズと勝敗考察【6月26日1試合】

6月26日のNBAは、イースタン・ファイナルのバックスvsホークスの第2戦目が行われます。

セミ・ファイナルで格上相手に7戦戦いぬいた両チームだけに、1戦目から激しいゲームとなりました。

結果としては116ー113でホークスに軍配が上がりましたが、ファイナルもセミ・ファイナル同様、最終日までもつれる激闘となりそうな予感がします。

以下、各試合の見どころやブックメーカーの勝敗予想オッズとなります。

ミルウォーキー・バックスvsアトランタ・ホークスの試合情報と勝敗予想オッズ

日時6月26日09:30時開始予定(日本時間)
会場ファイサーブ・フォーラム
オッズバックス@1.28/ホークス@3.90
勝者予想ホークス

ミルウォーキー・バックスvsアトランタ・ホークスの試合の見どころ

トレイ・ヤングの大爆発で1勝目を掴んだホークス。

1戦目でヤングは、48得点11アシストとプレーオフの自己最多記録を更新。アウェーでの重要な初戦で、このような結果が残せるのはさすがといったところですね。ホークスは、前半で大きなリードを許していたにも関わらず、後半でしっかりと修正し逆転してくるところにチーム力の高さと勢いを感じます。

また第1戦は、ヤングだけでなくゴール下の強さが引き立つ一戦となりました。Cのクリント・カペラが19リバウンド、PFのジョン・コリンズが15リバウンドでホークスはこの試合51リバウンドを記録。さらにカペラ、コリンズともに二桁得点で、コリンズに関しては23得点とレギュラーシーズンを大きく上回る結果を残しました。ここにケビン・ハーターの3ポイントが加われば、さらに面白い展開になりそうです。

エースの状態の良さとゴール下の強さが際立つホークス。2戦目では、ホークスがさらに調子を上げて有利にゲームを進めると予想します。

一方、僅差のホームゲームを落としたバックス。

1戦目では、PFのヤニス・アデトクンボが34得点の11リバウンド、PGのドリュー・ホリデーが33得点10アシストと2人がダブル・ダブルを達成しました。

また、途中出場したPFのボビー・ポーティスがまさに伏兵と呼べる活躍をみせます。出場時間わずが14分で奪った得点は11点。さらにリバウンドに関しては8本と今シリーズのサプライズになるかもしれません。

初戦は惜しくも負けとなりましたが、バックスもホークスに劣らずチームの状態は良さそうです。敢えて言うならば、第1戦はいつもより3ポイントが嫌われたように感じます。ネッツ戦では、キーマンと呼べる活躍を見せたSFのクリス・ミドルトンが打った9本の3ポイントが全て外れたのは計算外だったか知れません。

第2戦目では、唯一の敗因と言える外からの攻撃をどう修正してくるのか、そしてアデトクンボとヤングのエース対決第2ラウンドに注目したいです。

*オッズはスポーツベットアイオーの6月26日18:30時点のものを掲載しています

ブックメーカーは、サッカー、野球、バスケットボール、競馬、そのほかあらゆるスポーツイベントを"賭けの対象"として扱い、参加者にベット(賭け)の機会を提供する事業者です。ブックメーカーのウェブサイト上には、試合ごとの「勝敗予想オッズ」や「スコアの予想オッズ」や、イベントの「優勝予想オッズ」などが並んています。参加者は、自分が好きなスポーツに実際にお金を賭けることができ、予想が当たるとオッズに基づいた賞金が得られます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-バスケ

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ情報メディア