競馬

3歳馬のマイル戦!ニュージーランドトロフィー2021の注目馬とオッズと予想

4月10日(土)はニュージーランドトロフィー2021が中山競馬場(GⅡ、1600㍍・芝、11R)にて、午後15時45分から開催されます。

朝日杯FS4着、シンザン記念3着のバスラットレオンやデビュー2勝目のアヴェラーレなどに注目です!

ニュージーランドトロフィー2021のレース概要

中山競馬場で開催されるニュージーランドトロフィー2021は、NHKマイルカップの創設によってトライアルとなった3歳馬のマイル重賞です。

ハイレベルな馬が集結されることで、注目の集まる一戦となっています。コースは直線が少ないため内枠が有利。ラストは急坂が待ち構えていることから、スタミナや小技も必要なレースになっています。

ニュージーランドトロフィー2021の出走馬

アヴェラーレ(牝3歳)C.ルメール
ゲンパチミーティア(牡3歳)木幡巧也
ゴールドチャリス(牝3歳)田中勝春
サトノブラーヴ(牡3歳)石橋脩
シティレインボー(牡3歳)横山典弘
シュバルツカイザー(牡3歳)石川裕紀
スパークル(牝3歳)岩田望来
タイムトゥヘヴン(牡3歳)M.デムーロ
トーセンウォーリア(牡3歳)武藤雅
ドゥラモンド(牡3歳)横山武史
バスラットレオン(牡3歳)藤岡佑介
ブルーシンフォニー(牡3歳)丸山元気
ロンギングバース(牡3歳)横山和生
ワザモノ(牡3歳)黛弘人
ワーズワース(牡3歳)北村宏司
ヴィジュネル(牡3歳)内田博幸

ニュージーランドトロフィー2021の注目馬

では、今回のレースの注目馬をご紹介しましょう!

バスラットレオン

朝日杯FS4着、シンザン記念3着のバスラットレオン。栗東坂路では4F53秒5−39秒0−12秒3をマーク。

藤岡助手も「1週間うまく調整して動きが良くなってきた。スタートが速いので前で競馬をするのではないか」と意欲を示しています。前走後は、短期放牧を挟んで体勢を整えた様子。念願の初重賞制覇を狙います。

アヴェラーレ

デビュー2勝目のアヴェラーレ。ルメール騎手を背に2馬身追走し、5F68秒2−1F12秒2の時計。ルーメルも「いいコンディション。小さい馬だからフットワークが良く、瞬発力もいい」と語りました。

今回のレースがマイル初となりますが、母アルビアーノはNHKマイルC2着と良血の持ち主。デビュー3戦目でG2制覇を目指します。

タイムトゥヘブン

前走の弥生賞ディープインパクト記念で6着のタイムトゥヘブン。斎藤助手は「前走は前半で力んで走っていた。今回は距離をつめます」とマイルへの路線を変更について語ります。

美浦の最終追い切りでは、2頭併せ、5F66秒9−1F12秒8の時計をマーク。前走時よりもスピードアップし調整は十分。母キストゥヘヴンと同じように、重賞初Vを勝ち取りたいところです。

ドゥラモンド

前走きさらぎ賞で10着、朝日杯FSで7着のドゥラモンド。前走では初めての2000mで馬に挟まれ、思うように力を出し切れませんでした。今回の1600mはアスター賞を勝った同じ舞台。得意コースで実力を見せつけます。

手塚調教師は「仕上がりはいい。十分にやれると思います。今回の出来は前走の時よりもいい」と重賞初制覇へ向けて好仕上がりです。

ニュージーランドトロフィー2021にブックメーカーで賭ける

中山競馬場で開催されるニュージーランドトロフィーは、ハイレベルな馬が集結されることで、注目の集まる一戦。

ここ最近の傾向では、2番人気が最多の4勝。ただし、人気薄の馬も馬券に絡んでいるなど予測がつきにくい様子。穴馬にも十分警戒が必要です。

朝日杯FS4着、シンザン記念3着のバスラットレオンやデビュー2勝目のアヴェラーレなどに注目!

ニュージーランドトロフィー2021は競馬対象のブックメーカーで当日にオッズが出ます。

レースニュージーランドトロフィー2021(GⅡ)
会場中山競馬場(第11R)
コース芝1600m
発走予定2021年4月10日(土)15:45
オッズ

*ニュージーランドトロフィー2021も競馬対応ブックメーカーにてベット対象となります。ただしGⅡレースのオッズはレース前に用意されるため、当日にサイト上で直接ご確認ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
おにき

おにき

野球、競馬、その他担当しています。野球ファン目線で試合の見どころ・注目選手を分かりやすくお伝えします!(自身はベイスターズファンです!)

-競馬

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ最新情報メディア