サッカー

【W杯アジア予選】大勝は堅い!?日本代表vsモンゴル代表のブックメーカーオッズ

2021年いよいよ始まるワールドカップ予選。2020年中はコロナウイルス感染の影響により予選全試合が延期となったため、一年ぶりの再開となる。予断は許さない状況ではあるが、2022年ワールドカップカタール大会に向けてまず日本代表とモンゴル代表が激突する。

日本代表vsモンゴル代表の注目選手や過去戦績

概要FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選 兼 AFCアジアカップ中国2023予選(グループF第8節)
試合日本代表vsモンゴル代表
会場フクダ電子アリーナ
日時3月30日(火)19:30

日本代表は3月25日に韓国代表と親善試合を行い3-0で快勝した。この試合で活躍した注目の選手を5人ご紹介したい。

まず1人目は攻撃の起点として前線で体を張っていた大迫勇也だ。ゴールこそ奪えなかったが、ポストプレイヤーとして攻撃のリズムを生み出し2アシストでチームに貢献した。そんな大迫のお膳立てを受け鋭いゴールを決めた鎌田大地も引き続き期待がかかる。次に注目したいのはダブルボランチの遠藤航と守田英正だ。2人とも守備面では対人に強く、底から攻撃を組み立てることもできる。遠藤は83分に江坂のコーナーからヘディングでダメ押しの3点目を決めた。最後はベテランの吉田麻也だ。今回のチームで一人だけ代表100キャップ以上の経験を持ち、かつて散見されたイージーミスもない。安定した守備でチームを支えている。現所属のサンプドリアでもスタメンを勝ち取っているベテランがチームを支える。

一方のモンゴル代表は3月25日にタジキスタンと試合をおこない、0-3で完敗した。モンゴルはこの時点でワールドカップ予選敗退が決まり、今回の日本代表戦は意味のを失ってしまった。アジアカップ3次予選進出の可能性も薄いが、強化試合という名目で全力で臨むだろう。注目選手は、背番号10番を背負った中盤の要のチェンド-アユシュ・フレルバートル。もう一人、背番号9番のミジトルジ・オユンバートルも24歳とまだ若く将来有望な選手のひとりだ。

日本代表とモンゴル代表の対戦成績を振り返ると、2019年に行われたワールドカップアジア予選では6-0と日本代表が圧勝している。この試合でゴールを奪った選手には鎌田、遠藤、吉田、南野ら今回招集されているメンバーも含まれる。両者の実力差を踏まえると、今節も同じようにゴールラッシュの可能性も十分にあるだろう。

ブックメーカーによる日本代表vsモンゴル代表の勝敗予想オッズ

サッカー日本代表vsモンゴル代表の勝敗予想オッズ
(3月30日4:30時点)

ブックメーカーのオッズをみると、日本代表が1.01倍、ドローが21.00倍、モンゴル代表が45.00倍で、やはり日本のオッズが圧倒的に低い。賭けてもほとんど配当が得られないほどの偏りだ。この評価どおり日本の勝利は固そうだ。ゴールも3点以上は間違いなく動くだろう。何ゴール決めるのかが見どころとなりそうだ。

日本代表はアジア予選4連勝中であり、この試合も大量得点で5連勝してグループ首位を磐石としたい。試合が始まれば何が起こるかわからないのがサッカーのおもしろさではあるが、両チームの戦力差を考慮すれば何かが起きては日本代表の先が思いやられる。主観的ではあるが、それほどの差があると考えて良いのではないだろうか。

ブックメーカースポーツベットアイオー
勝敗予想オッズ日本代表 @1.01倍
ドロー @21.00倍
モンゴル代表 @45.00倍
予想日本
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-サッカー

© 2022 オッズニュース|ブックメーカーオッズ最新情報メディア